会社沿革

創業120年の沿革

創業期

大正
時代
1889年(明治22年) 池貝庄太郎により東京芝金杉川口町に池貝工場を創設、国産旋盤第一号機が完成
1896年(明治29年) 国産第一号の石油エンジンを製作
1905年(明治38年) 当時の日本での決定版ともいうべき池貝式標準旋盤を量産開始
1906年(明治39年) 合資会社池貝鉄工所設立
1913年(大正2年) 株式会社池貝鉄工所に改組
1915年(大正4年) 八尺旋盤5台を英国に輸出して日本製機械の世界市場への最初の進出
1916年(大正5年) ロシア政府の注文により30psガソリンエンジン585台を6ヶ月間で完成輸出
1920年(大正9年) わが国最初のエアーインジェクションディーゼルエンジンを製作
1926年(大正15年) 国産第一号機となる高速度新聞輪転機を製作
わが国最初の無気噴油ディーゼルエンジンを完成
昭和
前期
1927年(昭和2年) 自動活字鋳造機を創製、以後日本ではこの種の外国製品を輸入する必要がなくなる
1934年(昭和9年) 18万部刷り高速度新聞輪転印刷機を開発
1937年(昭和12年) わが国で初めて高速高能率切削の両頭フライス盤を完成し鉄道省に納入
1941〜1944年
(昭和16〜19年)
第二次世界大戦中は総動員試験研究令により、単軸ならびに四軸自動旋盤、砲弾用強力自動旋盤、航空機エンジン、シリンダーライナー用FB型精密立て中ぐり盤、軍用機ほまれエンジン用専用機、精密横中ぐり盤等の新鋭機を完成
1949年(昭和24年) 企業再建整備法により「池貝鉄工株式会社」設立
1950年(昭和25年) プラスチック加工用押出機、ビニール電線被覆機完成
わが国最初の多色刷高速度新聞輪転機を完成し朝日新聞社をはじめ各社に納入
1951年(昭和26年) わが国最初のならい旋盤を完成し、戦後沈滞気味の日本工作機械業界に刺激を与え、
引き続き自動ならいフライス盤、ならいロール旋盤などを製作発表
1953年(昭和28年) わが国最初の火花放電加工機 『JAPAX』 を完成
1957年(昭和32年) 東京タワーに850ps発電機2基を納入
1958年(昭和33年) 英国のプラスチック機械メーカーR.Hウィンザー社と技術提携し続々と優秀機を生産
1960年(昭和35年) ダイムラーベンツ社と高速ディーゼルエンジンの技術提携
昭和
後期
1965年(昭和40年) 多くの新しい機構をとりいれたユニークなA20旋盤「日本機械学会賞」を受賞
1966年(昭和41年) 第3回日本工作機械見本市にマシニングセンタを含む3種類の数値制御工作機械を発表
1968年(昭和43年) わが国最初の電子計算機による工作機械群管理システムを完成、日本国有鉄道に納入
1969年(昭和44年) 工作機械群管理システム「科学技術庁長官賞」「日本機械学会賞」を受賞
1974年(昭和49年) スクリューダイ方式シート製造技術「大河内記念技術賞」受賞
ターニングセンタFT500NA「自動化機械開発賞」受賞
GT110形2軸押出機が第4回機械工業デザイン「日本産業機械工業賞」受賞
1975年(昭和50年) 非円形断面加工旋盤を開発。「昭和50年10大新製品賞」受賞
1976年(昭和51年) 世界最大の切削力を誇る超大型強力ロール旋盤TRL125完成
1977年(昭和52年) 小型NC旋盤FX20Nにオートローダ装置をつけ、「限定無人化機械」を開発。
1978年(昭和53年) 独MAN社と小型エンジンに関するOEM販売契約を締結
強力超大型マシニングセンタANC180FM完成
1985年(昭和60年) 業容拡大に備え茨城県行方郡(現 行方市)にツクバ工場新設
1987年(昭和62年) 国産最大級のターニングセンタTNC56完成
プラスチック押出機FA化実現のCPUシステムEX−100完成
1988年(昭和63年) 立型マシニングセンタ「ひとつぼ君」が機械振興協会の「自動化機械開発賞」受賞
平成期 1990年(平成2年) 8軸制御で6面加工が可能なマシニングターン「TM25YS」開発
1991年(平成3年) 池貝鉄工株式会社より「株式会社池貝」に社名変更
1993年(平成5年) CNC横中ぐりフライス盤「NB110T」を開発
1995年(平成7年) 船用大型クランク軸用CNCクランクピン旋盤「1500CPL」を開発
1998年(平成10年) U軸搭載可能な横型マシニングセンタ「TH500」「TH600]を開発
1999年(平成11年) 川口工場に集中加工工場を建設
2001年(平成13年) 東京地方裁判所へ民事再生を申請。資本金100%減資。新資本金1,000万円
2002年(平成14年) 川崎、川口工場売却閉鎖。ツクバ工場へ集約
ホーニングセンタ受注、納入
2004年(平成16年) 民事再生手続終結(計画より半年早まる)
大型ディーゼルエンジン部品加工用専用機完成納入
上海電気(集団)総公司が資本参加。 新資本金4億9千万円
2005年(平成17年) 株式会社池貝ディーゼルを設立
大型工作機械受注拡大により50トン、30トンクレーンを設置した大型組立、機械加工工場完成
中国上海市に上海事務所を開設
中国上海市に池貝(上海)機械設備有限公司を設立
2006年(平成18年) 池貝(上海)機械設備有限公司で中小型工作機械の生産販売を開始
2009年(平成21年) 池貝(上海)機械設備有限公司に大型加工機械4台設備完成

画面TOPへ