制御機器

EX100Sシステム

EX100Sシステム

1.EX100Sシステム

EX100Sとは、温度制御及びスクリュー、フィーダ等のモータ関係の操作/監視を、タッチパネル上から行うシステムです。

2.EX100Sの基本構成品

1) シーケンサ
2) タッチパネル
3) 温度制御ユニット

3.EX100Sの基本機能

1) 設定値記憶
  1. 組数:50パターン(コード)
  2. 内容:温度設定、アラーム設定
2) 温度制御
  1. 制御動作: PID動作
  2. 比例帯
    :(加熱側)0〜400℃ (各ゾーンの仕様による)
    :(冷却側)1〜400℃ (各ゾーンの仕様による)
  3. 積分時間: 1〜3600秒
  4. 微分時間: 0〜3600秒
  5. 温度異常範囲: (偏差)0〜±99℃
  6. 昇温完了範囲: (偏差)0〜±99℃
3) 速度制御
  1. 出力: 起動接点出力と、設定値に比例した電圧出力
  2. 測定値: 表示のみ
4) モニター(アナログ入力)
  1. 回転数等のデータを表示
  2. 上限/下限等の警報設定が可能
5) モニター(接点入力)
  1. 異常などの入力があった場合、アラームを表示
6) アラーム表示
  1. アラーム発生時、アラーム内容を表示
7) 保護機能
  1. 機械が損傷するアラームの場合、該当部分を停止
8) トレンドグラフ表示
  1. 選択したゾーンのデータを、時間の経過と共に折れ線グラフ表示
  2. 1つの画面に4チャンネルを表示し、設定は8組まで可能
9) ロギング機能
  1. 1分毎に、日付、時刻、各ゾーンの測定値をタッチパネルに記憶
  2. 規定回数終了毎に、CFカードにCSV形式で保存
  ※ CFカードには、0〜99までの名前で100ファイル保存可能。99まで保存後は、0に戻り上書き

10) カレンダータイマ
  1. 昇温を開始する月、日、時、分を設定
  2. ヒータ起動遅延機能付き
  →各ゾーン毎に設定、全コード共通(範囲:0〜99分)
  カレンダータイマータイムアップ後、ヒータONの時間を遅延

11) プリンター出力
  1. 一定時間おきに、データ(画面)を表示し、出力
  2. キー操作により画面のハードコピーを出力
  ※ プリンターの代わりに、CFカードに出力可能

画面TOPへ