• 企業情報
  • 池貝の技術
  • 製品情報
  • ユーザーサポート
  • 採用情報
  • お問合せ

採用情報


リクナビの弊社画面へ

RealReport

RealReport4
RealReport1 RealReport2 RealReport3 RealReport5 RealReport6
 
村崎 恒太
MurasakiKouta
 
 所 属  : 営業本部 東京営業所
勤続年数 : 5年
職務内容 : 新規顧客開拓、製品問合せ対応、既存顧客のアフターフォロー
 
<こんな仕事をやっています>

 日頃何気なく見ている”人工的に作られたもの”のほとんどのモノには、元となる”図面”が存在します。その図面の裏には、設計者のアイデアや長年蓄積されたノウハウ、製造の技術など計り知れない奥深さがあります。池貝に入社した理由は長い歴史で積み上げてきた”池貝にしかできないオーダーメイドの技術”に惹かれたからです。機械メーカー数多有りますが、果敢に難しい案件に取り組む姿勢を感じ、私も今までにないものを作りたいと思うに至りました。

 入社後は機械設計課に配属され、主に産業機械の設計を担当していました。設計ではお客様の要望に合わせ、機械の仕様や構造を検討し、図面の作図などを行います。また、新機種の開発にも携わりました。

 今は産業機械と呼ばれる”押出機”の営業活動を中心に行っています。樹脂製のパイプやチューブ、工業用のフィルムやシート、はたまたスナック菓子など、原料から製品においても広範囲に及びます。そのため、お客様により押出機の仕様も多種に渡ります。また、それらの多くは押出機だけで生産することは難しく、専用の付帯設備が必要になります。

 お客様のご要望を汲み取り最適な提案をすることが求められます。お客様と工場を繋ぎ、その舵取りを行うのが営業の大きな仕事と言えます。B to Bのビジネスですが、最終的には担当者様との信頼関係が大きく影響します。そのため、機械を売るための営業ではなく、お客様の困っていることを良く聞き、最適な提案を行うことでお客様の力になれる営業を心掛けています。

<メッセージ>

 入社当初は押出機の存在すら知りませんでしたが、今でも日頃目にする身近な物が、池貝の押出機で作られていて驚くことがあります。また、私の生まれる何十年も前の機械が、現役で働いている光景をよく目にします。この先何十年もたくさんの製品を社会に送り出す機械を扱っている誇りがあり、仕事にやりがいを感じられます。

 営業として生産機械を扱うということは、製品開発・生産現場の最前線を肌で感じることのできる数少ない職種だと思います。取引金額は数百万円から数億円にのぼるため、「大きな仕事をしたい、社会に貢献したい、自分の可能性を拡げたい」人にとっては、大きなチャンスを与えてくれる会社だと思います。

 会社を選ぶときに自分に合うかどうか考えて悩んでしまうことがあるかもしれません。しかし、最終的には「どのような”姿勢”で仕事に向き合うか」だと思います。大抵の場合、1年もあれば業務を覚えますし、安定した仕事も判断基準の一つだと思いますが、毎日発見があり、人として成長できる仕事が、私は一番楽しいと思います。

Working-Wacth Photo 04_01 Working-Wacth Photo 04_02

 

画面TOPへ